看護師の必須アイテム

看護師のユニフォームのポケットには、色んなものが入っていて

その中身は働く場所によって特徴が出るものでもあります。

看護師にとって腕時計やストップウォッチは欠かすことのできないものの一つで、

患者さんの容態を知る上で必要であるにもかかわらず、実際には腕時計をしていない

場合も少なくありません。清潔区域と呼ばれるような環境下で働く場合には

腕時計も指輪も不潔になりやすいということで許可されず、病棟にあるストップウォッチを

使用することになっていたりします。また、自分では動くことができない患者さんの

体位を変えるなどの処置が多い場合にも腕時計は邪魔でしかなく、実際に腕時計が体に当たれば

冷たかったり痛かったりと苦痛を与える原因にしかならないので、

それぞれがポケットに時計を入れていたりします。

点滴やガーゼなどの交換が多ければ、テープもポケットにいつも入っているし、

新人であればメモ帳がポケットに入っていることも多いと思います。

今は手書きの記録類が減っている現状がありますが、今でも三色ボールペンや

二色ボールペンを欠かすことのできない職場も少なくありません。

体温、脈拍、呼吸なども色別でグラフに記入しなければならない他、

勤務帯ごとに看護記録をする上での色の指定がある病院や施設も

まだまだあるのではないでしょうか。何気なく看護師のポケットを見れば、

その日の忙しさや性格なども窺い知ることができるかもしれません。

本当に忙しい時などは、ポケットがいつも以上に膨らんでいることも多いのではないでしょうか。


話はかわりますが、一時看護師の仕事を退いていた友人が、看護師再就職を目指して動き始めました。
また一緒に同じ仕事ができる日が来るのが楽しみです。

このブログ記事について

このページは、ナースの奮闘日記が2014年4月11日 10:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初めての献血」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。